カードイメージ

カードローン情報サイト「お金に困ったら」

ろうきんカードローンとは? ~銀行の半分の金利でキャッシングできる~

ろうきんカードローンとは? ~銀行の半分の金利でキャッシングできる~

ややマイナーですが、低金利でお金を借りる方法として「ろうきんカードローン」があります。労働金庫のカードローンです。

  • 3.8%~7.0%の低金利
  • 銀行カードローンの半分くらいの金利
  • 一定条件を満たせばさらに金利を下げることも可能
  • 審査基準は多少厳しい

というのがポイントです。以下、詳しく説明します。

銀行カードローンの約半分の低金利

銀行カードローンの平均的な金利は「4.5%~14.5%」です。そして労金は「3.875%~7.075%」です。下限金利は「半分」とまでは行きませんが、上限金利(高い方)は「半分」ですね。

銀行カードローンは「金利が安い」とよく言われますが、それよりさらに2倍近く安いのが、ろうきんのカードローンです。

一定の条件を満たすと、さらに金利が安くなる

ろうきんカードローンは、一定の条件をクリアしている場合、さらに金利が安くなる制度があります。これは「金利引き下げ制度」というものですが、たとえば下のような条件があります。

  • 給与の振り込みを、労金の口座に指定する
  • 公共料金の支払いを、労金の口座にする
  • 年金の振り込みを労金にする
  • 労金UCカードを発行する
  • 若年者である(30才未満)

…などなど。まだ全部で10個ほどの条件がありますが、それらの条件をクリアするたびに、

  • 給与の振り込み指定…1.5%
  • 公共料金の引き落とし…0.3%

というように、所定の利率分、安くなっていきます。何となくゲーム感覚で楽しいですね(笑)。

ろうきんカードローンの審査基準は、少し厳しい

銀行のキャッシングの半分程度という低金利ですから、当然審査は厳しいです。具体的には、下のような条件が申し込み資格となっています。

  • 年齢…18才~65才
  • 勤続年数…1年以上
  • 年収…150万円以上

というものです。人によっては「別に厳しくないじゃん」と思うかも知れません。確かに、会社員・OLの人からすると「年収150万円」などは厳しくないでしょう。また年齢に関しても、普通はクリアしています。

「勤続年数1年以上」が、フリーターにはきついかも

フリーター・アルバイトの人の場合「勤続1年以上」という条件が、少々厳しいかも知れません。アルバイトを転々としている人だと、「最長でも勤続半年」という人は、意外と多いからです。

また、過去に長く勤続した会社があったとしても、今は辞めてしまっている場合(失業中の場合)そのデータは使えません。また、新しく始めたアルバイト・パートでも、1年経つまでは申し込めません。

こう考えるとろうきんカードローンの審査基準で一番のボトルネックは、勤続年数ということができるでしょう。この条件さえなければ、ほとんどの人は審査に通るはずですが、これでかなりの人が引っかかっているはずです。

ろうきんカードローンは、真面目に働いている人のためのローン

この勤続年数の条件でもわかる通り、ろうきんカードローンは「まじめに安定して働いている人のためのキャッシング」なのです。年収が少なくても、勤続年数の条件だけ厳しい、というのはそういうことなんですね。

年収に関しては、農業・漁業・保育士・介護士など、どうしても給料が安いお仕事というのはあります。しかし、勤続年数に関しては、誰でもまじめにコツコツ働いていれば、蓄積できる数字です。

労働金庫はもともと「労働者のための金融機関」なので、こうした真面目な勤務態度を評価するわけです。ろうきんカードローンの申し込み資格は「審査でふるい落とす」ためのものではなく、むしろ「真面目に働いている人を評価する」ためのものなんですね。

日本の労働金庫のブロック一覧

最後に補足ですが、日本の労働金庫は、下のような地域のブロックに分かれています。ろうきんカードローンで借り入れする場合、自分の在住・在勤している地域の労金で、借りることになります。

  • 北海道
  • 東北
  • 中央
  • 新潟
  • 長野
  • 静岡
  • 北陸
  • 東海
  • 近畿
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄

というように、全国で13のブロックに分かれています。新潟や長野が単独で労働金庫を持っているのは「面積が広い」からです。また「中央」というのは関東のことです。

このようにエリアは分かれていますが、提供しているカードローンなどのサービスはほとんど同じなので、違いを意識する必要はありません。要は「自分の住んでいる地域の労働金庫で申し込む、というだけです。

ページトップ
カードローン攻略記事一覧
実体験/コラム

キャッシングの債務整理とは? ~任意整理・個人再生・特定調停・自己破産の内容・違い~

10代・未成年のキャッシングは『契約取り消し権』で無効にできる

リボ払いの返済方式は8種類 ~元金・元利、定額・定率、残高スライドで分かれる

即日融資/即日振込

今すぐお金を借りたいなら「ネットキャッシング」が一番簡単

今日中にすぐにお金が必要!という場面の即日キャッシングの方法

学生専用ローンでも即日キャッシングできる?当日借入するためのポイント

主婦/専業主婦

専業主婦のキャッシングでは、楽天銀行とイオン銀行、どっちがおすすめ?

主婦が自分名義で自動車ローン(ディーラーローン)を組むのは可能?

家族や夫・旦那に主婦キャッシングがバレる原因・理由&内緒で借りる方法

週末/土日祝日

静岡銀行のカードローン「セレカ」は、土日・祝日・休日でも即日借り入れできる?

三井住友銀行カードローンは、銀行で土日キャッシングが一番しやすい!

ソニー銀行カードローンは土日・祝日でも当日借入できる

無利息/低金利

おまとめローンではなく『借入限度額の増枠』によって、借金の一本化をする方法

労働金庫と信用金庫のカードローンを比較 ~どっちがおすすめ?~

ろうきんカードローンとは? ~銀行の半分の金利でキャッシングできる~

少額借入/短期利用

月末で生活がピンチ!給料日までのつなぎ資金で、数千円キャッシングしたい

旅行でお金を借りる場合は、キャッシングでなくトラベルローンもおすすめ

未成年・10代でも、クレジットカードのキャッシングなら、お金を借りれる

審査/書類

社内ブラックになると、他のカードローン会社の審査でも不利になる?

カードローン審査では、勤続年数が何年以上必要?1年未満でも借入可能?

学生がキャッシングを申し込む前に知っておくべきポイント・注意点のまとめ

攻略編集部一押しカードローン
ページトップ

© カードローン攻略編集部 All rights reserved.