カードイメージ

カードローン情報サイト「お金に困ったら」

旅行でお金を借りる場合は、キャッシングでなくトラベルローンもおすすめ

旅行でお金を借りる場合は、キャッシングでなくトラベルローンもおすすめ

お金を借りる理由が「旅行」の場合、トラベルローン(旅行ローン)という選択肢もあります。文字通り「旅行専用のローン」で、ポイントは下の通りです。

  • 普通のキャッシングより低金利
  • JTB・HISなどの旅行会社も提供している
  • レシートが必要

以下、詳しくまとめます。

旅行ローンはキャッシングより低金利

旅行ローンの金利は、会社ごとに下のようになっています。

  • 楽天銀行…11.5%
  • JTB…11.9%
  • HIS…9.87~12.14%

これを大手の消費者金融や銀行キャッシングの金利と比較すると、下のようになります。

  • 消費者金融…18.0%
  • 銀行カードローン…14.5%
  • 旅行ローン…11.5%~12.14%

このように「断然トラベルローンの金利の方が安い」ということがわかるでしょう。「お金を借りるしかないけど、できるだけ低利息で海外旅行したい」という人などは、トラベルローンを使うことをおすすめします。

旅行ローンの金利はなぜ安いのか?

旅行ローンは、なぜ銀行キャッシング・消費者金融よりも低金利にできるのか。これは「用途が限られている」ためです。

「旅行以外に使えないということはギャンブル・投資などにも使えない」ということす。キャッシング破産者の多くは、カードローンで借り入れをするとすぐにギャンブルに使ってしまう…という人がたくさんいます。

この点トラベルローンだったら、旅行以外で浪費・散財することはできないので、貸し倒れのリスクが低い。イコール「低金利で融資しても問題ない」ということです。

(かなりの確率でリターンが期待できますからね)

トラベルローンは、国内旅行でも使える?

トラベルローンは、海外旅行だけでなく国内旅行でも使えます。多くの人が旅行でお金が足りなくなるのが海外旅行なので、国内旅行よりは海外旅行の利用の方が断然多いです。それが原因で、「旅行ローン=海外旅行」と思われているだけで、実際はどちらでもいいんですね。

旅行ローンの適用範囲ですが、基本的に「旅行先の現地で使ったお金」です。つまり「旅行の準備として買った服」などには適用できません。ただ、それが旅行先に合わせた特殊な服の場合は、OKの場合もあります。

また、スーツケースなどの「完全に旅行にしか使わないような支出」の場合も、適用できることが多いです。

これらの「トラベルローンの利用用途」については、提供する業者・銀行・旅行会社によってルールが違うので、それぞれ確認なさってください。

トラベルローンは、外貨両替が必要?

トラベルローンは、基本的に外貨両替が必要です。「日本の銀行口座」に「日本円」で振り込むわけですから、それを海外で使うには、空港などで両替していく必要があるのです。

もちろん、国際キャッシュカード(グローバルキャッシュカード)を持っている場合は、海外のプラスのATMなどで、そのまま引き出せます。日本の口座から引き出しても、自動的に現地通貨になるので、空港などの両替所でエクスチェンジする必要はないのです。

ということで、「自分で外貨両替の作業」をしなくても大丈夫ですが、「システムの中では、必ず両替される」わけです。そして、システムの中で外貨両替されている以上、「両替手数料」は当然発生します。

ということで、旅行ローンで借りた金額を、全額そのまま海外旅行で使えるわけではないので、その点は注意してください。(国内旅行だったら、問題なく全額使えます)

クレジットカードとどっちがいいのか?

これは一概には言えません。理由を箇条書きすると、

  • 旅行会社のツアーの場合、そこのトラベルローンが得
  • クレジットカードも、還元率が高ければマイルが貯まる
  • 持っているクレジットカードがJCBの場合、行く国によっては不利

などの理由です。1つ目については、たとえばJCB・HISなどのツアーで旅行する場合、トラベルローンもそれらの会社で組むと、一番得するわけです。まとめ買い割引のようなものですね。

しかし、ツアーでない場合はこういう特典がありません。そして、還元率が高いクレジットカードを持っている場合、それを現地でも利用した方が、マイル・ポイントがさらに貯まっていくでしょう。

特に、プラチナカード・ブラックカードなどのハイステータスなクレジットカードを持ちたいという人の場合、1つのクレジットカードでどんどん利用実績を積み重ねた方がいいです。

JCBは使える国・地域が限られているので注意

クレジットカードの国際ブランドの中でも、JCBは利用できる国・地域が限られているので、海外旅行の時は注意してください。韓国・中国・タイなどの日本人がよく行くアジア諸国では使えますが、インドなどになると、かなり使いにくいです(アフリカなどはもっと)。

そのため、クレジットカードとトラベルローンを比較する場合も、そのクレジットカードがJCBで、行く国・地域がJCBを使いにくいエリアだったら、旅行ローンを利用する方が無難でしょう。

ページトップ
カードローン攻略記事一覧
実体験/コラム

キャッシングの債務整理とは? ~任意整理・個人再生・特定調停・自己破産の内容・違い~

10代・未成年のキャッシングは『契約取り消し権』で無効にできる

リボ払いの返済方式は8種類 ~元金・元利、定額・定率、残高スライドで分かれる

即日融資/即日振込

今すぐお金を借りたいなら「ネットキャッシング」が一番簡単

今日中にすぐにお金が必要!という場面の即日キャッシングの方法

学生専用ローンでも即日キャッシングできる?当日借入するためのポイント

主婦/専業主婦

専業主婦のキャッシングでは、楽天銀行とイオン銀行、どっちがおすすめ?

主婦が自分名義で自動車ローン(ディーラーローン)を組むのは可能?

家族や夫・旦那に主婦キャッシングがバレる原因・理由&内緒で借りる方法

週末/土日祝日

静岡銀行のカードローン「セレカ」は、土日・祝日・休日でも即日借り入れできる?

三井住友銀行カードローンは、銀行で土日キャッシングが一番しやすい!

ソニー銀行カードローンは土日・祝日でも当日借入できる

無利息/低金利

おまとめローンではなく『借入限度額の増枠』によって、借金の一本化をする方法

労働金庫と信用金庫のカードローンを比較 ~どっちがおすすめ?~

ろうきんカードローンとは? ~銀行の半分の金利でキャッシングできる~

少額借入/短期利用

月末で生活がピンチ!給料日までのつなぎ資金で、数千円キャッシングしたい

旅行でお金を借りる場合は、キャッシングでなくトラベルローンもおすすめ

未成年・10代でも、クレジットカードのキャッシングなら、お金を借りれる

審査/書類

社内ブラックになると、他のカードローン会社の審査でも不利になる?

カードローン審査では、勤続年数が何年以上必要?1年未満でも借入可能?

学生がキャッシングを申し込む前に知っておくべきポイント・注意点のまとめ

© カードローン攻略編集部 All rights reserved.