カードイメージ

カードローン情報サイト「お金に困ったら」

キャッシングの債務整理とは? ~任意整理・個人再生・特定調停・自己破産の内容・違い~

キャッシングの債務整理とは? ~任意整理・個人再生・特定調停・自己破産の内容・違い~

キャッシングの債務整理とは「返済不能になった時、借金の減額などをする」ということです。その究極として「自己破産」があります。しかし、自己破産より手前の「もう少し軽い」方法もあります。

多くの人が思っているより、債務整理は気軽にできます。デメリットもほとんどありません。多重債務でカードローン地獄に陥る前に、必ず債務整理するようにしましょう。

債務整理の種類・一覧

債務整理の種類を一覧にすると、下の4つがあります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

それぞれの内容と違いを説明していきましょう。

任意整理が一番多く、内容は自由

4種類の債務整理の中で、一番件数が多いのは「任意整理」。任意というのは「自由」ということで「自由な内容で、債務整理をする」という意味です。

内容が決まっていないので、下のような内容、何でも自由です。

  • 過払い金の返還
  • 利息の帳消し
  • 借入残高の減額
  • 金利の引き下げ

という風です。この中で一番確実にできるのは過払い金の返還。そのため、「任意整理=過払い請求」とされることも多いです。

過払い金の返還はなぜ確実にできるのか?

これは簡単で「法的に、払う必要がないお金」だからです。グレーゾーン金利というもので、以前は合法だったけど、今は合法ではないという分の金利なんですね。

その金利によって発生した利子はすべて返還してもらえるのです。というわけで、これはカードローン業者にとって「確実に受けないといけない債務整理」なので、自然と件数も多くなります。

しかし「借金残高を減らす」となると話は別。過払い金と違って、借入残高をすべて払うのは本来当たり前ですし、キャッシング業者には全額を要求する権利があります。

というわけで、任意整理は「キャッシング総額の減額」などもできるのですが、これは件数が少なくなります。ただ、少ないものの「一応可能」ということは覚えておいてください。

特定調停は、任意整理の「裁判所バージョン」

特定調停の内容は、任意整理と同じで「何でもあり」です。違いは、

  • 任意整理…自力か、司法書士・弁護士を立てる
  • 特定調停…裁判所が間に入る

ということです。それぞれのメリットは、

  • 任意整理…専門家に丸投げできるので楽
  • 特定調停…専門家の報酬が発生しないので、格安でできる

ということです。要するに「安さをとるか、楽さをとるか」ということですね。

お金に余裕がある人は、任意整理にするべきでしょう。特に実力のある評判のいい司法書士・弁護士だったら、過払い請求だけの予定が借入総額の減額にも成功してくれたり、利息も下げてくれたりなど、八面六臂の活躍をしてくれます。

逆にお金がない人は特定調停にしましょう。書類の費用などをいれても、総合計で1万円未満でできることが多いです。

(一つの業者あたり、書類の費用が1500円程度なので)

個人再生は、借入総額が5分の1になる

個人再生は、任意整理や特定調停よりもさらに返済が楽になる債務整理です。条件を箇条書きすると、

  • キャッシング総額が5分の1~10分の1になる
  • 3~5年の短期間で完済する

という内容です。ほとんどの場合は「5分の1」になります。稀にかなりの減額に成功した例として「10分の1」がありますが、さすがにめったにないと思ってください。

(1000万円が100万円になるわけですからね)

10分の1までいかなくても、大抵の人の借り入れは「残高5分の1」になるだけで、相当返済が楽になるはずです。

  • 500万円→100万円
  • 400万円→80万円
  • 300万円→60万円
  • 200万円→40万円

という総額ですから。「キャッシング総額500万円」というと、多くの人が自己破産を考えるレベルのはずですが、それが一気に「100万円」という、「返済しようと思えば学生でも、何とかできる」というレベルまで行くのです。

(実際、私も大学時代にほぼ100万円までカードローンやクレジットカードで借りていましたが、返済できました。卒業後1年経ちましたが)

個人再生は、このくらい楽になる債務整理です。また、自己破産と違って「自宅を残せる」という特徴があります。また「返済総額以内の資産は残せる」というルールなので、安い自動車やその他の財産も残せます。

(たとえば80万円が返済総額だったら、80万円までの資産は残すことを許可されるわけです)

自己破産は、借金がすべてチャラになる

最後に、世間で一番有名な自己破産です。これは知っての通り「借金がすべてチャラになる」というメリットがあります。代わりに「自宅・自動車・生命保険・預貯金・有価証券」などの財産はすべて処分する必要があります。

しかし、自己破産するレベルの過剰借入者の場合、これらの資産はもうすでにないことがほとんど。

そういう場合は「失うものがない」ので、自己破産のデメリット・短所は何もないんですね。せいぜい宅建主任の資格が必要な仕事が、数ヶ月できなくなるというくらいです。

関連リンク:債務整理弁護士相談広場 | 無料相談!借金問題・返済に強い弁護士


以上、キャッシング破産しそうになった時に、するべき債務整理の種類を4つまとめました。「借金の返済をカードローンでする」というように傷口を広げるよりも、早めに債務整理してスッキリした方がいいでしょう。

ページトップ
カードローン攻略記事一覧
実体験/コラム

キャッシングの債務整理とは? ~任意整理・個人再生・特定調停・自己破産の内容・違い~

10代・未成年のキャッシングは『契約取り消し権』で無効にできる

リボ払いの返済方式は8種類 ~元金・元利、定額・定率、残高スライドで分かれる

即日融資/即日振込

今すぐお金を借りたいなら「ネットキャッシング」が一番簡単

今日中にすぐにお金が必要!という場面の即日キャッシングの方法

学生専用ローンでも即日キャッシングできる?当日借入するためのポイント

主婦/専業主婦

専業主婦のキャッシングでは、楽天銀行とイオン銀行、どっちがおすすめ?

主婦が自分名義で自動車ローン(ディーラーローン)を組むのは可能?

家族や夫・旦那に主婦キャッシングがバレる原因・理由&内緒で借りる方法

週末/土日祝日

静岡銀行のカードローン「セレカ」は、土日・祝日・休日でも即日借り入れできる?

三井住友銀行カードローンは、銀行で土日キャッシングが一番しやすい!

ソニー銀行カードローンは土日・祝日でも当日借入できる

無利息/低金利

おまとめローンではなく『借入限度額の増枠』によって、借金の一本化をする方法

労働金庫と信用金庫のカードローンを比較 ~どっちがおすすめ?~

ろうきんカードローンとは? ~銀行の半分の金利でキャッシングできる~

少額借入/短期利用

月末で生活がピンチ!給料日までのつなぎ資金で、数千円キャッシングしたい

旅行でお金を借りる場合は、キャッシングでなくトラベルローンもおすすめ

未成年・10代でも、クレジットカードのキャッシングなら、お金を借りれる

審査/書類

社内ブラックになると、他のカードローン会社の審査でも不利になる?

カードローン審査では、勤続年数が何年以上必要?1年未満でも借入可能?

学生がキャッシングを申し込む前に知っておくべきポイント・注意点のまとめ

攻略編集部一押しカードローン
ページトップ

© カードローン攻略編集部 All rights reserved.