カードイメージ

カードローン情報サイト「お金に困ったら」

おまとめローンではなく『借入限度額の増枠』によって、借金の一本化をする方法

おまとめローンではなく『借入限度額の増枠』によって、借金の一本化をする方法

おまとめローンを利用する前に、増枠交渉をするというのもありです。つまり「限度額を増やしてもらう」ということですが、借金総額によってはこれでも十分一本化できます。

おまとめローンと増枠交渉の違いは?

おまとめローンと増枠の違いは、「おまとめローンの方が、より確実に一本化できる」ということ。増枠によって一本化する場合、下のようなことが起きるのです。

  • よし、プロミスで20万円増やしてもらったぞ
  • さあ、この20万円でどれかの業者を完済して潰そう
  • む…、他は全部30万円借りてる
  • 20万円で完済できる業者はどこもないぞ
  • これでは、プロミスで借りても、何の意味もない

ということです。もし、これで一本化できる場合は、下のようになります。

  • よし、プロミスで20万円追加で借りた
  • お、アコムがちょうど20万円だな
  • まずアコムを潰そう
  • よし、アコムが潰れた
  • アコムが潰れた分、また20万円借りれるな(プロミスから)
  • この20万円で…。お、モビットは15万円だ
  • よし、モビットも潰そう
  • (以下、同じように「借りれる範囲内」で潰していく)

ということです。つまり「それぞれの業者が、増枠した分だけで潰せる(完済できる)金額だった場合は、増枠でも十分一本化できるのです。

逆に「それぞれの金額が大きくて、どこかで増枠してもらっても追いつかない」という場合は、一本化はできません。そういう意味では、ルービックキューブなどのパズルに似ているかも知れませんね(増枠によって、順番に一本化していくやり方は)。

おまとめローンと増枠、どっちがいいのか?

結論は「おまとめローン」です。というのは、増枠で一本化をするのは、上に書いた通り手間がかかるからです。また、そもそも「増枠分だけで完済できる業者」が、そんなに揃っているとは思えません。

大抵の場合、融資限度額を増枠してもらえる金額は非常に少ないのです。年収が激増した人でなければ、せいぜい10万円や20万円です。

ということで、「増枠による借り入れの一本化」というのは、理論的には可能でも、現実的には非常に難しいんですね。というわけで、あまりおすすめはしません。

増枠で一本化するメリット・長所は

逆に、あえて限度額を増枠して借金の一本化をするメリット。これは「審査が簡単」ということです。おまとめローンの場合、ゼロから審査をしなければいけませんが、増枠の場合「すでに審査は終わっている」わけですからね。

審査通過してから、今日までの借入・返済の履歴を見て「この人は増額してもOK、ダメ」ということを、業者はすぐに判断できるのです。ということで、審査時間も短いし、申し込む利用者側の労力もかかりません。

そういう点では、増枠によって一本化することもメリットがあります。10万円や20万円で完済できるような業者が多くある場合、増額をおまとめローンの代わりにする、というのもありでしょう。

増額は狙ったタイミングでできるとは限らない

上のように書いたものの、基本的に「増額で一本化する」というのはおすすめできません。というのは「増額のタイミングは、狙ってできるものではない」ということ。

まず、初めてのキャッシングをしてから最低でも6ヶ月は必要です。6ヶ月はお試し期間のようなものなので、この期間にいきなり増額されるということは、めったにありません。

ものすごく年収が多い、職業も一流企業の正社員…というような破格の条件で、「カードローンやクレジットカードを一度も利用したことがない」というような変わった経歴の人だったら話は別です。しかし、そのような特殊な物件でない限りは、最初の6ヶ月以内で「いきなり限度額が増える」ということはないのです。

そして、その後も1年、1年半と、半年刻みで増額の機会が訪れるというのが普通です。ということで「おまとめローンのように、一本化したい時にできるわけではない」ということですね。この点でも、限度額を増やすやり方は不利だといえます。


以上、全体的に「普通におまとめローンを利用する方がいい」という結論でした。これから借金の一本化を検討している人は、ぜひ参考になさってください。

ページトップ
カードローン攻略記事一覧
実体験/コラム

キャッシングの債務整理とは? ~任意整理・個人再生・特定調停・自己破産の内容・違い~

10代・未成年のキャッシングは『契約取り消し権』で無効にできる

リボ払いの返済方式は8種類 ~元金・元利、定額・定率、残高スライドで分かれる

即日融資/即日振込

今すぐお金を借りたいなら「ネットキャッシング」が一番簡単

今日中にすぐにお金が必要!という場面の即日キャッシングの方法

学生専用ローンでも即日キャッシングできる?当日借入するためのポイント

主婦/専業主婦

専業主婦のキャッシングでは、楽天銀行とイオン銀行、どっちがおすすめ?

主婦が自分名義で自動車ローン(ディーラーローン)を組むのは可能?

家族や夫・旦那に主婦キャッシングがバレる原因・理由&内緒で借りる方法

週末/土日祝日

静岡銀行のカードローン「セレカ」は、土日・祝日・休日でも即日借り入れできる?

三井住友銀行カードローンは、銀行で土日キャッシングが一番しやすい!

ソニー銀行カードローンは土日・祝日でも当日借入できる

無利息/低金利

おまとめローンではなく『借入限度額の増枠』によって、借金の一本化をする方法

労働金庫と信用金庫のカードローンを比較 ~どっちがおすすめ?~

ろうきんカードローンとは? ~銀行の半分の金利でキャッシングできる~

少額借入/短期利用

月末で生活がピンチ!給料日までのつなぎ資金で、数千円キャッシングしたい

旅行でお金を借りる場合は、キャッシングでなくトラベルローンもおすすめ

未成年・10代でも、クレジットカードのキャッシングなら、お金を借りれる

審査/書類

社内ブラックになると、他のカードローン会社の審査でも不利になる?

カードローン審査では、勤続年数が何年以上必要?1年未満でも借入可能?

学生がキャッシングを申し込む前に知っておくべきポイント・注意点のまとめ

© カードローン攻略編集部 All rights reserved.